ドライブレコーダーは運転時に必須!タイプ別人気おすすめ機種はどれ

今やドライブレコーダーは運転する物には必須になりつつあります。
長く運転をしているとなんだかのトラブルにあいますよね。
事故をして相手と食い違いがでた時、事故後のぶつかった後を見ただけでは
なかなか正しい判断がつきません。
このような時事故の録画をしっかり残して
おけば後ほどそれは有力な証拠となります。
事故ばかりではなくあおり運転された時や駐車中の
トラブルなどにも証拠はのこります。
ここではいろいろなタイプのドライブレコーダーを紹介していきたいと思います。

駐車中を監視!映像がきれい!

駐車中の車上荒らしや当て逃げなどの録画もできます。
衝突を感知したり動体検知機能でレンズ内に不審な動きを感知すると
自動的に録画を開始します。
内臓バッテリーでエンジンOFF時でも安心
ドライブレコーダーでは高画質400万画素&4K対応です。
高画質のため昼間はもちろん夜間も鮮明に写ります。
しかも角150度で別車線のナンバープレートもくっきり録画できます。

あおり運転対策にはこちら

あおり運転が原因で事故やけんかになるのは嫌ですよね。
こちらは後方にもカメラがついており後方の車両ナンバーもクッキリ写ります。
2つのカメラにより前後同時に録画することが可能。
後方カメラの設置もリアウインドに貼るだけで簡単に設置できます。
駐車監視機能付き

映像の見やすさに各種付加機能がついたタイプ

フルハイビジョンの1.8倍の高解像度と逆光でも光の強さを
補正してくれるので昼夜ともシャープで見やすい映像が撮れます。
表示サイズが大きいので映像や地図、Gセンサーが見やすいです。
前方衝突警告 車線逸脱警告 発車遅れ警告などの
安全運転補助機能もあり

GPS搭載&超広角168度

 
安心の製品3年保証GPS搭載で走行速度や位置情報を
録画データとともに記録します。
超広角の168度で今まで見えなかった前方左右が
大幅に見やすくなりました。
駐車中も常時録画します。
安心の日本製で保証も3年つきます。
2万円のお見舞金補償サービスもあります。

さいごに

ドライブレコーダーは以前より価格もお求めやすく
なってきているので車1台に一つはつけておきたいですね。
ただ録画するだけでなくいろいろなタイプのものや付加価値が違ってくるので
自分の目的にあった機種を選ぶとよいと思います。
事故やトラブルはできるだけ避けたいのですが
何かあってからでは遅いのでまだの人はぜひ取り付けることを
おすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする