禁煙を継続させるには?イライラを解消しながら効果を上げるグッズ5選

禁煙を成功させたい!と決意してみたものの
ニコチンを断つのはそう簡単にはいかずイライラして周りにあたったり
つい1本と手が伸びそうになりますよね。


絶対にやめるという意思の強さはもちろん必要ですが
禁煙を継続させるためにはグッズをうまく使い
イライラを解消したり気を紛らわせたりして 乗り切る工夫も大切です。


禁煙するために病院に通う方法もありますが
今回は禁煙を自分で乗り切るためのグッズで手軽に買えるものを
選んでみました。

電子タバコ EMILI(エミリ)MINI+ smiss社 正規品

いきなりタバコをやめてしまうのに自信がない時や
本数を減らしたい時、吸いたい気分をごまかしたい時は
電子タバコを使ってみるのもいいですね。

吸うと煙(水蒸気)が出るので吸いごたえがありタバコのようですが
ニコチンやタールは含まれてません。
代わりに吸うのはスイーツ系やフルーツ系のフレーバーなので安心です。


フレーバーの種類も多く
たばこ系フレーバー  7種
スイーツ系フレーバー 7種 
フルーツ系フレーバー 11種
ドリンク系フレーバー 7種

フレーバーの種類が豊富な上に注文の際は
この中からなんと10種を選んで注文できます。

10種あれば気分にあわせていろいろな味を楽しめるので
気を紛らわすのにもいいですね。
人気のフレーバーはミント系のようです~

詳しいフレーバーの種類がご覧になりたい方はこちらから見れます

↓ ↓ ↓ ↓

各種フレーバーはこちらから 楽天


大きさも本物のタバコに近いので持ち歩くにもいいサイズです。
タバコが吸いたい!と思ったらサッととりだして吸える
手軽さがいいですね。

ニコレット

ニコレットはタバコを吸いたくなったら噛む、ガムタイプです。
ドラッグストアや薬局、通販でも購入できる指定第2類医薬品です。

ニコチンの摂取をタバコの代わりにニコレットからとって
3か月を目安に徐々にニコチンへの依存をなくしていくという方法です。

ニコチンのいきなりの離脱症状がとってもツライ!
という方にはおすすめの方法だと思います。

「吸いたくなったら噛む」のコピー通り
仕事中でも運転中でもいつでも使えるところがいいですね。

ドクタースモーキング

タバコを吸いながら徐々にやめていけれるように天然のやし炭を
フィルターにしてニコチンの摂取を少なくしていきます。

いきなりタバコはやめる自信がないという方も
プログラムにそって吸っているうちにだんだんタバコの
本数が減り最終的には禁煙ができます。

70日をかけてゆっくり禁煙していくので
ストレスなくやめたい人向きですね。

フィルターの汚れ具合が目で確認できるので
今までこんなのを吸っていたんだと再確認することで
禁煙する気持ちが高まりますね。

シガノンCQ1透明パッチ

1日1回位貼るだけニコチンパッチです。

CQ1は1枚中ニコチン(78mg)と高めのニコチン量です。
徐々に少なくしてゆきます。

こちらもニコレットやドクタースモーキング同様
ニコチンを摂取しながら禁煙するタイプです。

ガムは何回も噛まなくてはいけないしタバコを吸うのは
さけたいなら、禁煙パッチは貼るだけですむのでお手軽な方法です。

人に気づかれたくないなら一番目立たない方法だと思います。

段階的にニコチンの量を減らします。
CQ1を6週間続けたらCQ2(35mg)に移行します。
↓ ↓ ↓ ↓
★【第1類医薬品】シガノンCQ2 透明パッチ 7枚 [【メール便(送料込)】※当店薬剤師からのメールにご返信頂いた後の発送になります。代引・日時・時間・同梱は不可]

強炭酸水 KUOS

禁煙時の口寂しさ、イライラ、欲求感をごまかすなら
強炭酸水もおすすめです。

飲むとスカっとするので一時的に欲求が抑えられます。
上記の禁煙方法すべてと併用できますね。

水分をとることでニコチンの排泄も促しますよ。

テレビでも放映されたクオスは楽天でも人気の商品です。

プレーン
ラムネフレーバー
グレープフルーツフレーバー
ピーチフレーバー
アップルフレーバー
ビアフレーバー
ハイボールフレーバー

7種があるので気分で飲み分けれますが
ビアフレーバーとハイボールフレーバーは
タバコが欲しくなってしまうかもしれないので避けたほうがいいかもしれませんね。

さいごに

一口に禁煙グッズといってもいろいろな方法がありますね。

1回でうまく禁煙できなくても自分にあった方法が
見つかればきっと成功すると思います。

ニコチンの離脱でイライラしてしまう事があるかと
思いますが禁煙するには必ず乗り越えないといけない道と
割り切ってやり過ごしましょう。

その間にも確実にニコチンは身体から抜けていってますよ。
禁煙して健康を取り戻しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする